« 2012年6月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年7月

2012年7月18日 (水)

トウキョウ界隈散歩

cloverJULY。。

腫瘍markerが上がりつつ・・( ̄▽ ̄)sweat01

息子の新居見と、娘のO・Cもどきに

数日。。東京近辺に出没してきました。。

またまた、とっても長くって、さらに脱線しますけど

お付き合いしてくれると嬉しいデス。。。。。。。。Dsc05620

Dsc00202_2

この日のフライトで、初めて機影が、地表にくっきり!と映りながら

飛行し続けるのを見ました。。(機体下のカメラから。。)

また着陸も、34R(スリーフォーライト)という房総半島を沿うコースで

進入したので、発達したもくもく雲の切れ間から覗く景色が爽快でした~

Dsc05625_3

本郷キャンパスの赤門をパチリ!

観光!!の私達の他に時期早のOCの親子さんや

学生グループが、大勢、これをバックに記念撮影してました。

Dsc05630_2。。。。。Dsc05627_2

赤門をくぐった左にカフェがあり、そこでは、未来を夢見るお母様達の

グループがいくつも来ていていろいろなお話をしていましたよ。

憧れるのが当然のようにこの歴史あるキャンパスを歩く学生さん達の

落ち着いた何気ない仕草が、なんとも素敵で!。。

ロッキングチェアさん!~この重厚な空気感!お守りのように

大切に大切に。。頂いてきました(*^.^*)scissors

別の目的地への近場の某義塾大学病院へも。。

 紫陽花が爽やかに揺らいでました~Dsc05633_2

Dsc05636

そして以前、Jazzちゃんがブログで紹介してくれた国立新美術館。。

ここで、エルミタージュ美術館展をしていたの。。

いつか行ってみたい場所の一つが、古都サンクトペテルブルグ。

そのロマノフ王朝に建てられた芸術建造物の一つが

エルミタージュ美術館。。。。。。。行ってみたいわ~

そこからの絵画をなんと!16世紀ルネッサンス~20世紀の現代画まで

一気に見られるなんて~夢のような作品群なんですよ。。

私的には、ルネッサンスもバロックも好きなのですが

ルイ王朝ロココ様式と、前期のロマン派の淡い色彩と柔らかな線で

描かれた絵画が好きなんですよ。。

それに当時の絵画は、芸術であると同時に写真であり

事件や歴史を伝える記事であり。。雑誌であり。。本当に面白い!

ただ、個々の好みがありますもんね。。

自分が惹かれる絵画の前でじっと佇む人達の横顔が素敵でした。

この大美術展。。

極端な例えだけれど、16~20世紀の絵画の移り変わりを見ると

縄文土器が好きか、弥生式土器が好きか・・とも。。

その現代アートは、単純なようで、アールデコなどに与えた

影響は数知れず。。ニューヨークのソーホーもそう。。

これもその深さを考えると、とっても興味深く。。

Dsc05635 稀有な芸術家、黒川紀章氏の作品。。

この界隈といったら広いかもしれないけれど

前に青山通りの赤坂をお散歩した時に

2・26事件の高橋是清旧邸あたりをを散策。。

この方のお孫さんが、私地域にご縁があり

ちょっと感慨深かったのでした。。

そういえば、頂いた高橋是清翁の直筆掛け軸を

その価値を伝えられていなかった母が

処分しちゃった~という思い出があるのよ。。

父がいつまでも、嘆いていたわ。。あはは。。

この後にもう一つ。。某大学へ。。

やりたい事は決まっているのであとは、

入れたらどこでも母校!的な状態の今confident。。頑張れ。。

ちょっとした小路の街路樹がオシャレ。。Dsc05643

パリ風な路地カフェも、いっぱいあったりして。。

そういえば、九段下の東側から見た靖国神社への坂は

一瞬、函館?小樽?と坂のある港町に見えたりしました~

東京って、案外、坂が多いのだと改めて思ったりしてね。。

六本木や広尾界隈も、居住していたJazzちゃんの都会的なセンス

と、江戸街の人情が見えたような。。そんなお散歩でしたconfident。。

そして。。総武線と京葉線・京成線を使って付近を

遊び乗りしながら乗り継ぎ、習志野・谷津へ

Dsc05653 古い商店街の中のcafe螢明舎。。

ここの珈琲のこだわりはすごいの~

初めて珈琲だけで、甘さを味わいましたよ。。そして。。

ここは、村上春樹氏や亡星野道夫氏のゆかりのカフェ。。

ご主人のコラムにお二人とのエピソードが書かれていますよ。。

特に星野道夫氏は、写したアラスカの写真が当時のアニマに

掲載された時の衝撃の大きさったらなかった・・

優しすぎる視線で撮った大自然の動物達Dsc05923

(このアニマは、私物の一部。。もう廃刊しているので今となっては宝物)

あ・・アニマとは、伝説の鳥類学者・中西悟堂が創刊 した画期的な雑誌。

その中西悟堂と親交のあった人々の中の山科芳麿創立の

山科鳥類研究所は、千葉県我孫子の印旛沼のほとりにある。。

ちなみに今の総裁は、秋篠宮で、清子さんの旦那様の黒田さんの

おじいさまも、日本鳥類学界の会頭だった方。。

これまた千葉で繋がっているんですね~

そして、商店街先の谷津のバラ園のこれまた先にある

谷津干潟は、干潟として日本初のラムサール条約認定地!

千葉県は、とってもアメージングな地域なんですよね。。

縁の話だけれど、谷津バラ園の付近に谷津遊園という

遊園地があったのですが、東京ディズニーランド開園と共に

従業員はそちらに移り、その遊園も姿を消したのですが

そこにあったジェットコースターは、北海道のルスツリゾートで

現役で活躍中!乗りましたね~

そして谷津のバラ園は、見事!でした~

トップは、谷津のバラ園の管理棟。。素敵だったのよ。。

とにかく700種の薔薇。。薔薇。。薔薇。。

Dsc00228 。。。。。Dsc00226

華やかな香りの中で、もう目移り状態。。

でも、そのうちに好みの薔薇ができてきて。。

お手入れが大変だけれど、手にかければかけるほど深い味わいに

なるのだな。。と、ここでは、亜麻さんを思いだしていました。。

管理・お手入れされていた方々のお話を聞くと

薔薇といえば、亜麻さん!。。亜麻さんと言えば薔薇!

の亜麻さんを尊敬しちゃいました。。いつか私も・・と

700種7000株のこのバラ園の香り・・忘れないわぁ。。

Dsc05722 この日は、早くに横浜へ。。やった~

           赤レンガ倉庫内でdeliciousrestaurantDsc05701

Dsc05712 煉瓦!!!Dsc05717

そして。。かっつんままが紹介してくれた海浜幕張。。ありがとう~!

舞浜以東北は初めてだったから、千葉は面白かったわぁ。。

(ちなみにかっつんまま、フォトサイトinstagramで

ショットが選ばれまくり!すごいわよ。。というか、もともとある才能かな)

Dsc05686 ここは、綺麗で広かったし~

きちんと区画整理されているのはもちろん!道路や建物空間へも

幅広なスペースをとっているので、よくあるビル群の威圧感がない。。

配置も素敵だったし。。ベイタウンには、電線がなくって欧州の街並み

を模倣していてこれまた素敵~

行けなかったけれど、隣接する公園もいいな~

ノラにゃん達にも、会いたかったな~~

Dsc05744

それにしても、ここはとにかく広くって、かっつんままがご紹介してくれた

範囲を廻ろうとしたけれど、出来なかったの。。

北海道人、関東圏の方々と違って足腰を使わないのよ~

そう、細かく電車網が張られていないので、すぐ車に頼っちゃう。。

だから、もう、目的地への何層もある厚い電車網の駅への

上下の階段歩き!ったら!

足腰の丈夫さが羨ましいと思ったのでした!

それに付随して歩くのに私の脂肪が、ホントに邪魔(笑)

Dsc05731 そうそう宿泊した某ホテルね。。

フロントにパイロットの制服・CAの制服マニアの方々がとっても

多くいて。。びっくりしてね。。。メッセが近いし、その関係?などと。。

そうしたら、ホテルに○フトハンザ限定のバーラウンジが

ありまして。。そう、マニアじゃなく本物のクルー達~

朝も、専用のミニバスで、十数人のクルー達が宿泊のため成田から

横付けしてました。。って、マニアって思うこと事態、変よねbleah

老舗ホテルだから、ホテルマンのマナーも落ち着いているし

選ばれているのだな。。と、感心したりして。。

息子の居住区も見たし、キャンパスにも行ったし。。

まずは、ひと安心した私です(*^.^*)

それに界隈のお散歩でも、ブログで見させてもらっているお友達と

会えたような気になったし。。cafehappy01

Dsc05763

今回の行き帰りの雲は、発達していて面白かったんですよ~

たった一時間半のフライトでも、積乱雲っぽいのがあったり。。

でも、日本列島を襲っている大雨の積乱雲は、いらないですよね。。

さあ。。今の私は、検査待ち中の身( ̄▽ ̄)hospital

雑草刈りをサボって、草がぼうぼうのお庭で暮らしてます。。とほほ。。

Dsc05621

ひっそり更新。。。confident。。。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年12月 »